はじめの工作機械 > 工作機械のよみもの > CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減|超小型タッチプローブ
CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減|超小型タッチプローブ

CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減|超小型タッチプローブ

更新日時:
2021/10/18 (2021/10/18 公開) 編集者:甲斐 智
関連タグ:
周辺機器 | 工作機械 | 旋削 | 自動化 | 除去加工 |
       

量産加工に欠かせないCNC自動旋盤
自動車や医療機器など精密部品の連続加工を得意としますが、検査工程で加工不良が見つかると、歩留まりが大きく低下することも…

この記事では工作機械の自動化に役立つユニークなセンサを開発する株式会社メトロール(東京都立川市)に、CNC自動旋盤における機内計測と同社の新製品についてお聞きしました。

CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する超小型タッチプローブ|人手不足がすすむなか、検査工程の省人化にも注目です!
人手不足がすすむなか、検査工程の省人化にも注目です!

超小型タッチプローブ〈K3S〉について

CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する超小型タッチプローブ|超小型タッチプローブ〈K3S〉について

株式会社メトロールでは、CNC自動旋盤のくし刃刃物台に搭載し、加工ワークの内径・外径の機内計測ができる超小型タッチプローブ〈K3S〉を開発・販売を開始しました。

CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する超小型タッチプローブ|超小型タッチプローブ〈K3S〉
有線式小型タッチプローブ K3Sシリーズ

くし刃刃物台のツールホルダーにぴったり収まるφ19.05mmサイズ。
スペースの狭いCNC自動旋盤でも、他の工具に干渉せず取り付けが可能です。

量産加工の加工不良を未然に防ぎ、作業者による検査工程の省人化が実現します。

〈製品スペック〉
繰返し精度 0.001mm(2σ)
保護構造 小型タッチプローブを使い、加工前のワークを測定
検出方向 3次元全方向
価格 お見積もりをご依頼ください

CNC自動旋盤ユーザーの課題

――「超小型タッチプローブ」開発のきっかけを教えてください

CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する超小型タッチプローブ|メトロール

開発のきっかけは自社設備のCNC自動旋盤です。
自動旋盤では1,000個〜ロットの精密部品を連続して削るのですが、ツールの摩耗や刃先の予期せぬチッピングで加工不良が出てしまうことがありました。

CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する超小型タッチプローブ|作業者による検査のイメージ
作業者による検査のイメージ

加工中に不良が出ると、その後の加工すべてが不良品になってしまうことも…
歩留まりの低下と、作業者による検査の負担が課題になっていたのです。

――加工ワークの測定はしていなかったのですね

CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する超小型タッチプローブ|メトロール

これまでCNC自動旋盤ではスペースの都合上、機内計測をすることはほとんどありませんでした。

そこで当社では自社の精密位置決め技術をもとに、CNC自動旋盤のいちユーザーとして「機内計測用センサ」を開発。製品化を実現しました。

CNC自動旋盤への搭載例(ワーク内径/外形検査)

CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する超小型タッチプローブ|シチズンマシナリー製 主軸台移動形CNC自動旋盤「シンコム(Cincom)L12VII」(カスタマイズとして搭載)
搭載例:シチズンマシナリー製 主軸台移動形CNC自動旋盤「シンコム(Cincom)L12VII」
測定プログラムの一例
加工ワークを50個ペースで測定し、結果に応じてツールの送り量を補正。
(加工不良発生時に、アラームで機械を停止することも可能)
測定時間は必要ですが、その後の検査工程が省略できるため生産性向上にもつながります。

機内設置例

CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する超小型タッチプローブ|ツールホルダーと同径サイズ(φ19.05mm)

ツールホルダーと同径サイズ(φ19.05mm)

加工ワーク例

CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する超小型タッチプローブ|内径/外形を1ミクロンの繰返し精度で検査

内径/外形を1ミクロンの繰返し精度で検査

量産加工の悪環境下でも高い耐久性を発揮(IP68)

超小型タッチプローブの最大の特徴は、その耐久性にあります。
保護等級は、水・クーラント・粉塵に強いIP68。

CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する超小型タッチプローブ|量産加工の悪環境下でも高い耐久性を発揮(IP68)

300時間以上にわたる社内の高圧クーラント耐久試験をクリアし、 量産加工の悪環境下でも300万回の耐久性を発揮します。
マシニングセンタNC旋盤用のツールセッタで高い実績のあるメトロールだからこそ実現しました。

工作機械業界のスタンダードへ挑戦

――今後の目標を教えてください

CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する超小型タッチプローブ|メトロール

製造工程の見直しと内製化により、従来型のタッチプローブとくらべ気軽に導入できる価格を実現しました。
その用途は自動旋盤だけでなく、多軸旋盤や小型工作機械にも広がりつつあります。

機内計測になくてはならない業界のスタンダードとして、少しでも多くの工作機械ユーザーのみなさまに使っていただけたらうれしいです!

CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する超小型タッチプローブ|人手不足と働き方改革もあいまって、研削工程の自動化は待ったなし!です
編集部より

今回は株式会社メトロールさまに、CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する「超小型タッチプローブ」についてお話を伺いました。

5軸加工や精密加工では欠かせない機内計測センサですが、小型の工作機械ではまだまだ導入が遅れているのも実情です。

超小型タッチプローブの普及で、工作機械の省人化がより一層すすむことを期待しています!

CNC自動旋盤のユーザーのみなさまへ
CNC自動旋盤の機内計測で加工不良を削減する超小型タッチプローブ|CNC自動旋盤のユーザーのみなさまへ

量産加工の機内計測を実現する「超小型タッチプローブ」のお見積もりやカスタマイズは、お気軽にご相談ください。
今お使いの各社CNC自動旋盤への後付けも可能です。

経験豊かなセンサ開発設計者が直接ご相談に応じます。

\評価サンプルやご相談はお気軽に!/

お問い合わせはこちら(公式サイト)

株式会社メトロールについて

会社名 株式会社メトロール
所在地 〒190-0011 東京都立川市高松町1-100
設立 1976年6月10日
事業内容 工場の自動化に貢献する「高精度工業用センサ」の、開発・製造・販売
公式サイト https://www.metrol.co.jp/ 

〈 超小型タッチプローブの関連キーワード〉

周辺機器 工作機械 旋削 自動化 除去加工

この記事の編集者・プロフィール

甲斐 智(KAI Satoshi)
甲斐 智(KAI Satoshi)

1979年 神戸生まれ
多摩美術大学修了後、工作機械周辺機器メーカーの販売促進部門
15年以上に渡り、工作機械業界・FA業界のWebマーケティングに携わる
メーカーでは各種技術専門誌へ寄稿
文部科学省「学校と地域でつくる学びの未来」参加企業

所属
SNS・運営サイト

超小型タッチプローブの関連記事