はじめの工作機械 > 工作機械のよみもの > 【徹底解説】製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめ!転職エージェントの選び方〈2021年最新版〉
【徹底解説】製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめ!転職エージェントの選び方〈2021年最新版〉

【徹底解説】製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめ!転職エージェントの選び方〈2021年最新版〉

更新日:
2021/04/07 ( 2021/04/03 公開) 編集者: 甲斐 智
関連キーワード:
まとめ |
       

2021年現在、5G・AIやIoTの加速にともない 「製造業ものづくりエンジニア」の採用ニーズ がより高くなっています。

特に自動車・半導体・産業機械業界では、機械・電気・生産エンジニアをはじめ、さまざまな分野で「ものづくりエンジニア」の採用が広がっており、売り手優位の「転職市場」で、これまでのものづくりの経験を活かしキャリアアップを図る絶好の機会となっています。

この記事でははじめての「転職」でも失敗しない、製造業ものづくりエンジニアの転職に特化した「転職エージェント」の選び方についてご紹介いたします。

製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」コメント
製造業の働き方改革によってこれまで求人にでてこなかったポジションの募集など、新しい採用の動きもあります!

製造業ものづくりエンジニアに特化した「転職エージェント」とは

転職エージェントは、製造業専任コンサルタントが「スキルや経験を生かした適職」を見つけ出し、無料で転職を支援してくれる紹介サービスです。

具体的な転職プランがなく「何からはじめていいかわからない…」という方でも、製造業に精通した転職のプロにこれからのキャリアプランを気軽に相談することができます。

製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」転職エージェントの仕組み
引用元:転職エージェントの仕組み|Career Rules

メーカー・企業と転職者との間に転職エージェントが入り、面接対策から給与交渉まで手厚いサポートをしてくれることも特徴。

製造業・ものづくりエンジニアで未経験の異分野に挑戦するのであれば、ぜひ活用したいサービスです。

転職エージェントに聞けば、転職しないにしても自分の客観的な市場価値を教えてくれます。
引用元: エルダー2020年12月号

製造業・エンジニアの転職で、転職エージェントを使う4つのメリット

① 全体の80%を占める、製造業・メーカーの「非公開求人」にアプローチできる

製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」全体の80%を占める、製造業・メーカーの「非公開求人」にアプローチできる

転職エージェントを活用する一番のメリットは、 「非公開求人」 です。

非公開求人とはその名の通り、「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」「エン転職」などの転職サイトや企業の採用ページでは公開されていない、非公開の求人です。

製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」全求人の約80%は、サイトに載っていない「非公開求人」
引用元:メイテックネクスト|全求人の約80%は、サイトに載っていない「非公開求人」

企業求人全体の80%がこの「非公開求人」ともいわれており、これらのプレミアムな求人に応募するには転職エージェントを介す必要があります。

特に製造業・メーカーでは他の業界にくらべ転職サイトへの掲載が少ない傾向にあります。。

その求人、なぜ非公開?
「非公開」にすることで、企業側にさまざまなメリットがあります。

  • 新製品開発やプロジェクトでの採用を、極秘裏に進めることがでる
  • 企業の適正にあった人材を、効率よく集めることができる
  • 応募が殺到してしまうと、採用担当者の手が回らない
  • 成功報酬型のため、採用にかかる費用負担が少ない

② 製造業の業界情報が手に入る

製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」製造業に関する業界のさまざまな情報が手に入る
引用元:特定技能総合支援サイト|産業機械製造業分野

一言に「製造業」といっても、金属・半導体・食品・薬品など 分野が変わると解らないことばかり

転職エージェントには、それぞれの分野に精通した専任コンサルタントが多数在籍
業界特有の事情や転職情報まで、転職に有利なさまざまな情報を知ることができます。

一般的に知られていないメーカーでも、その社風から面接対策まで色々と教えてもらうこともできます。

③ 限られた時間のなかで、たくさんのメーカー・企業にアプローチできる

製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」メーカー・企業に積極的に推薦してくれる
引用元:特定技能総合支援サイト|制度の取り組み状況

転職エージェントでは面接の日程調整から企業との連絡まで、すべての応募を仲介してくます。
そのため煩雑なやりとりがなくなり、限られた時間でたくさんの企業にアプローチすることができます。
(内定が決まるまで企業とのやりとりはほぼありません)

また選考後には企業からのフィードバックもあるため、不採用でも次の選考に活かすこともできます。

④ メーカー・企業に積極的に推薦してくれる

製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」メーカー・企業に積極的に推薦してくれる

転職エージェントは、企業の採用担当者と密にコミュニケーションを取っています。

転職者の紹介時に、転職者の「人柄」「強み」など、履歴書・職務経歴書には書くことができない情報を、企業の採用担当者に直接推薦しているのです。

そのため採用基準を満たしていなくても、選考の土俵に上がれることが多々あります。
(未経験・異分野への転職では特に大切です!)

転職エージェントが転職活動を全面支援してくれるため、転職活動を優位に進めることができます。

転職エージェントのデメリット

製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」転職エージェントのデメリット

転職エージェントは無料で利用できるため、おおきなデメリットは特にありません。
転職エージェント利用にあたり、おすすめできないケースをご紹介します。

転職者に転職意思がないケース

転職意思がないにも関わらず登録してしまうと、案件の紹介が「しつこい…」と感じる場合があります。

転職エージェントが積極的な理由は、そのビジネスモデルにあります
転職エージェントは、転職先の企業から「成功報酬」をもらうことで成り立っているのです。

企業から転職エージェントへの成功報酬はいくら?
成功報酬の金額は、採用者の年収の約30%が相場です。
そのためより高い年収への転職を成功させることが、「エージェントの利益」にもつながります。
転職者と転職エージェントとの間には、相互利益の関係が成り立っているのです。

転職エージェントが製造業に弱いケース

幅広い業種・職種を扱う、総合転職エージェントに多い失敗例です。
転職エージェントが製造業に弱い場合、コンサルタント自体にも業界知識がなく的外れな求人提案が多くなることがあります。

転職を急かされるケース

転職を急かすような転職エージェントにも注意が必要です。
自社の利益やコンサルタントのノルマのために動いていることが多く、おすすめできません。

キャリアプランについて、 しっかりと相談に乗ってくれる転職エージェント を選びましょう。

製転職エージェント活用の流れとサポート内容(製造業編)

製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」転職エージェント利用の流れ
引用元:転職エージェント利用の流れ|Career Rules

転職エージェント申し込みから内定までの代表的な流れをもとに、サポート内容をご紹介します。

〈代表的な流れ〉

  • ① 転職エージェントに無料登録
  • ② 転職面談(ヒアリング)
  • ③ 転職者と企業との求人マッチング
  • ④ 職務経歴書の添削・面接アドバイス
  • ⑤ 面接・選考の日程調整
  • ⑥ 給与・雇用条件の交渉
1
転職エージェントに無料登録

各サイトの登録フォームから登録をします。

正確な転職サービスを受けるためにも、 必ず実名・実住所で登録 しましょう。
(人材業界は個人情報保護法に厳しいため、個人情報が悪用されるリスクはありません)

学歴・職歴を入力する必要がありますが、後から修正もできるためまずは概要だけでもOKです。
(最短2〜3分でフォーム入力が完了するサイトも多いです)

2
転職面談(ヒアリング)
製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」転職面談(ヒアリング)
引用元:都道府県ごとの魅力的な企業のご紹介|厚生労働省

後日連絡があり、専任コンサルタントとの面談(ヒアリング)となります。
(最近は現地の面談だけでなく、電話やリモートでの面談も主流となっています)

面談といっても「面接」ではなく、ヒアリングや診断といった1時間程度の気軽なものです。
(転職者の実情に合わせ、土日祝日の面談が可能な会社も多いです)

コンサルタントは転職者の味方です!
よりよい求人に出会うためにも、転職の悩みや希望を正直に伝えていきましょう。

3
転職者と企業との求人マッチング

製造業のメーカー・企業の「非公開求人案件」をもとに、専任コンサルタントが転職者にあった求人票を随時紹介していきます。

もちろんすべての求人に応募する義務はありません。
たくさんの「非公開求人」のなかから、興味のある求人に応募の意思を示しましょう

自身のスキルで通用するか心配な方は、エージェントを通じて企業に事前相談することも可能です。
(転職者の許可なく、個人情報が紹介企業へ渡ることはありません)

4
職務経歴書の添削・面接アドバイス
製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」職務経歴書の添削・面接アドバイス
引用元:在職労働者のお仕事探し|厚生労働省

製造業での転職では「職務経歴書」が重要です。

転職エージェントでは、 企業に合わせた「職務経歴書」の書き方についてアドバイス をしてくれます。
企業側の求める人材像にあわせて、自分自身を効果的にアピールすることができます。

面接のアドバイスもしてくれるため、面接に不安のある方でも安心して選考に挑むこどができます。

5
面接・選考の日程調整

転職エージェントが企業と転職者との間に入り、面接や選考の日程を調整ます。
現在の仕事が忙しい場合、スケジュールを管理してもらうことで少ない時間を有効活用することができ助かります。

平日の18:00以降の面談や土日の選考など、希望スケジュールを積極的に伝えましょう。

6
給与・雇用条件の交渉
製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」給与・雇用条件の交渉
引用元:在職労働者のお仕事探し|厚生労働省

個人ではしづらい年収の交渉も、転職エージェントを介すことで積極的に行うことができます。
もちろん「お金にうるさいと選考で落とされる…?」といった心配もありません。
(年収アップは転職エージェントの報酬アップにもつながるため、積極的にサポートしてくれます)

入社時期や手当てなどの相談も、転職エージェントを通じてスムーズに行うことができます。

製造業に特化した「転職エージェント」の選び方

製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」製造業に特化した「転職エージェント」の選び方

ひと口にエンジニア向けの転職エージェントといっても、SE(システムエンジニア)やITエンジニア向けなどさまざまな分野があります。
ものづくりエンジニアの転職には、 製造業に特化した転職エージェントの活用がおすすめ です。

製造業に精通した、おすすめの転職エージェントをご紹介いたします。
(おすすめ内容は適時見直し、更新しています)

  • 【定番】キャリアアップで選ぶ転職エージェント
  • 経験で選ぶ、製造業向け転職エージェント
  • 地域で選ぶ、製造業向転職エージェント

【定番】キャリアアップで選ぶ、製造業向け転職エージェント

キャリアアップや異業種へのチャレンジにおすすめの、定番の転職エージェントです。
まずはこれらの転職エージェントを登録し、転職活動の足がかりとしていきましょう。

業界No.1の求人数、技術系転職エージェントの先駆け〈メイテックネクスト〉

1位

おすすめ度

エンジニアリングソリューションで40年の実績を持つ、製造業に特化した「メイテックグループ」の転職エージェント。

製造業に精通したアドバイザーが技術者ならではの悩みを解決、はじめてでも「失敗しない転職」を支援します!

\登録は最短1分で完了/

無料の転職支援はこちら(公式)

※登録後も費用はかかりません

先端技術・イノベーション領域に強い転職エージェント〈Kaguya〉

2位

おすすめ度

5G・AI・IoT・3D造形技術など、先端領域に強い転職エージェント。
自動運転や宇宙開発など、技術の力で社会課題を解決したいエンジニアにおすすめです!

大手転職サイトには掲載されていない「独占案件」が多数あります。

\登録は最短1分で完了/

厳選非公開求人はこちら(公式)

※登録後も費用はかかりません

地域で選ぶ、転職エージェント

地方に強い転職エージェント〈ヒューレックス(HUREX)〉

3位

おすすめ度

IターンやUターンなど、地方の転職に強い転職エージェント。
ものづくり企業の多い 東北地方や東海地方の非公開求人も多数あります。

大手には掲載されない求人も多数保有しています。

\満足度95.9%の転職サービス/

地方への転職支援はこちら(公式)

※登録後も費用はかかりません

年収で選ぶ、転職エージェント

グローバル・外資系・ハイクラスの転職支援〈Samurai Job〉

4位

おすすめ度

グローバル・外資系・ハイクラスに特化した転職支援エージェント。
大手メーカーをはじめ海外駐在からバイリンガルまで、さまざまなハイクラス求人に対応しています。

ハイクラスの転職に強みを持つ、JACリクルートメントが共同運営しています。

\自分の限界を超える転職サービス/

無料の転職支援はこちら(公式)

※登録後も費用はかかりません

転職エージェントを利用するにあたり、よくあるお悩み

製造業・ものづくりエンジニアの転職におすすめの「転職エージェント」転職エージェントを利用するにあたり、よくあるお悩み

年齢の制限について

コメント
転職エージェントの利用にあたり、年齢制限はありますか?
コメント
年齢制限を設けていない転職エージェントが多いです

未経験・異業種へのチャレンジの場合20〜30代、即戦力・スキルアップの場合40代の利用が多いようです。
50代の転職では「シニア転職」というカテゴリになるため、サポート内容が変っていきます。

経験やスキルがおなじであれば若いほど転職に有利なので、思い立ったら早めに登録しましょう。

製造業の経験について

コメント
転職エージェントの利用は、未経験職種でもOKですか?
コメント
職種にもよりますが、「未経験OK」の非公開求人も多数あります

未経験歓迎の転職エージェントも多くあり 、理系であれば大学での研究内容を評価してくれるエージェントもあります。
第二新卒(20代、新卒に近い社会人経験者)に限っては、未経験であっても引く手あまたです。

製造業ものづくりエンジニアの「転職エージェント」まとめ

この記事では、製造業ものづくりエンジニアの転職に特化した「転職エージェント」について解説しました。

一般的には、年末ボーナスがもらえる12月から新年度がはじまる3月末頃が転職シーズンと言われていますが、製造業では慢性的な人手不足から「非公開求人」が年々増加しています。

転職シーズンにこだわらず、「思い立ったら、すぐ転職活動」するのがおすすめです。


\製造業の定番!おすすめ転職エージェント/

この記事の編集者

甲斐 智(KAI Satoshi)

甲斐 智(KAI Satoshi)

1979年 神戸生まれ
多摩美術大学修了後、工作機械周辺機器メーカーの販売促進部門
14年以上に渡り、工作機械業界・FA業界のWebマーケティングに携わる
技術専門誌への寄稿など
科学技術振興機構「J-GLOBAL」登録

株式会社モノト 代表
一般社団法人日本機械学会 特別員
東京商工会議所(東商 社長ネット)
日本商工会議所(ザ・ビジネスモール)

運営サイト:製造業のための「SEO対策のいろは」
Twitter:@monoto_kai

製造業の転職エージェント とあわせて読みたい

製造業の転職エージェント の関連キーワード

まとめ