HOME > 工作機械の改善事例 > 作業者のスキルに左右されない安定したボール盤加工が実現
作業者のスキルに左右されない安定したボール盤加工が実現

作業者のスキルに左右されない安定したボール盤加工が実現

更新日:
2023/11/24 (公開日: 2022/08/01 ) 著者: 甲斐 智
関連タグ:
改善事例
     

改善前ボール盤における穴あけ工程のお悩み

従来、自動化する程でもない小ロットの穴あけや、オーダーメイド品の穴あけは、ボール盤を使って行われています。しかし作業者による汎用加工はどうしても属人的になりやすく、長くその作業を担当していた熟練作業者の退職や異動によって「品質・精度が安定しない」「生産効率が落ちてしまう」というお悩みがありました。

〈改善前のお悩み〉

  • 品質・精度が安定しない
  • 生産効率が落ちる
  • 加工不良や刃具折損が増える

改善後専用機ドリルユニットで、ボール盤加工の品質・精度が安定

ボール盤加工について|専用機ドリルユニット〈セルフィーダDUO〉
専用機ドリルユニット〈セルフィーダDUO〉

一般的に作業者によるボール盤加工は、経験やカンに頼ることが多く、熟練作業者の退職や異動、深刻な人手不足によってノウハウが伝承されず、安定した生産を継続するため必要以上の設備導入をすることがありました。そこで採用されているのが、スギノマシンの「セルフィーダDUO」です。
専用機ドリルユニット「セルフィーダDUO」を応用し、自動ボール盤(スタンドリル)を構築することで、属人化しがちな作業者によるボール盤加工を標準化。非熟練者でもボタンを押すだけで精度の安定した穴あけ・ねじ立て加工ができるようになります。

クリックで拡大表示されます

〈改善後の効果〉

  • 品質・精度が安定
  • 生産効率が向上
  • 加工不良や刃具折損が減少(工具コストの削減)
ボール盤加工について|老朽化したタッピングボール盤の入れ替えでお困りではありませんか?
老朽化したタッピングボール盤の入れ替えでお困りではありませんか?
セルフィーダDUOはタッピング機能付きで、1台で穴あけとねじ立ての両立が可能です。ボール盤自体の廃盤によって、設備の更新でお困りの現場にもおすすめです。(編集部)

ボール盤加工の提案製品

製品情報
ボール盤加工について|専用機ドリルユニット〈セルフィーダDUO〉
工作機器
株式会社スギノマシン
専用機ドリルユニット〈セルフィーダDUO〉
※製品情報について 製品の最新情報については、必ず各メーカーの公式サイトよりご確認ください
掲載をご希望の企業様はこちらからご連絡ください

〈ボール盤加工の関連キーワード〉

人手不足加工工程周辺機器株式会社スギノマシン精度向上

この記事の編集者・プロフィール

甲斐 智(KAI Satoshi)
甲斐 智(KAI Satoshi)

1979年 神戸生まれ
多摩美術大学修了後、工作機械周辺機器メーカーの販売促進部門
15年以上に渡り、工作機械業界・FA業界のWebマーケティングに携わる
メーカーでは各種技術専門誌へ寄稿
文部科学省「学校と地域でつくる学びの未来」参加企業

2020年に「はじめの工作機械」を立ち上げ(はじめの工作機械とは

所属
掲載・登録
SNS・運営サイト

ボール盤加工 の関連記事