はじめの工作機械 > 工作機械の改善事例 > 低コストのタッチプローブで機上計測のコストダウンが実現
低コストのタッチプローブで機上計測のコストダウンが実現

低コストのタッチプローブで機上計測のコストダウンが実現

更新日時:
2022/08/06 (2022/07/23 公開) 編集者:甲斐 智
関連タグ:
周辺機器 |
       

改善前CNC工作機械における機上計測のお悩み

従来、CNC工作機械における機上計測(工作機械の機内測定)には、タッチプローブが使われます。
タッチプローブは、熟練が要求されるワークの芯出し・段取りの自動化に欠かせない計測センサですが、高いコストが導入のネックとなっていました。

〈改善前のお悩み〉

  • 低コストで機上計測を行いたい
  • 芯出し・段取りの自動化を行いたい

改善後日本製タッチプローブで、機上計測のコストダウンが実現

機上計測のコストダウン|xxxxx
高精度無線式タッチプローブ〈RC-K3Xシリーズ〉

一般的なタッチプローブは海外メーカーのものが主流です。そのためコストが高く、設備規模や自動化のレベルによっては導入が見送られることがありました。
特に後付け(設備購入後の取り付け)をする場合、メーカーオプションで導入する場合にくらべ、さらに高額になることもあります。そこで採用されているのが、メトロールの「高精度無線式タッチプローブ」です。
高精度無線式タッチプローブは、日本製ながら圧倒的な低コストを実現。導入費用やスペアパーツのランニングコストのお悩みを解決します。

クリックで拡大表示されます

〈改善後の効果〉

  • 機上計測のコストダウンが実現
  • 芯出し・段取りの自動化が実現
機上計測のコストダウン|タッチプローブの通信遮断でお困りではありませんか?
タッチプローブの通信遮断でお困りではありませんか?
高精度無線式タッチプローブは、独自の通信方式による信頼性の高い無線性能で、遮蔽物のある大きなワークの計測でも通信が安定します。(編集部)

機上計測の提案製品

製品情報
機上計測のコストダウン|高精度無線式タッチプローブ〈RC-K3Xシリーズ〉
計測センサ
株式会社メトロール
高精度無線式タッチプローブ〈RC-K3Xシリーズ〉
※製品情報について 製品の最新情報については、必ず各メーカーの公式サイトよりご確認ください
掲載をご希望の企業様はこちらからご連絡ください

〈 機上計測のコストダウンの関連キーワード〉

周辺機器

この記事の編集者・プロフィール

甲斐 智(KAI Satoshi)
甲斐 智(KAI Satoshi)

1979年 神戸生まれ
多摩美術大学修了後、工作機械周辺機器メーカーの販売促進部門
15年以上に渡り、工作機械業界・FA業界のWebマーケティングに携わる
メーカーでは各種技術専門誌へ寄稿
文部科学省「学校と地域でつくる学びの未来」参加企業

所属
掲載・登録
SNS・運営サイト

機上計測のコストダウンの関連記事