はじめの工作機械 > 工作機械の展示会 > メカトロテックジャパン「MECT」とは|会場や招待券の入手方法を解説
メカトロテックジャパン「MECT」とは|会場や招待券の入手方法を解説

メカトロテックジャパン「MECT」とは|会場や招待券の入手方法を解説

公開日:
2020/05/11(2020/08/20 更新)by 甲斐 智
関連キーワード:
| 日本の展示会 |

メカトロテックジャパンは、2年に1度、ポートメッセなごや(愛知県名古屋市)で開催される工作機械の展示会です。

JIMTOFに次ぐ国内最大級の工作機械見本市で、「MECT(メクト)」の愛称でも親しまれています。

この記事では、メカトロテックジャパンの開催スケジュールや、無料招待券の入手方法を紹介します。

(トップ写真)MECT2017展ギャラリー@公式プレスより
展示会の日程について
新型コロナウイルス感染防止および東京オリンピック延期に伴い、開催日・会場の変更や規模の縮小など、大幅な変更が予想されます。
必ず公式HPにて最新情報をご確認のうえお出かけください。
工作機械展示会の開催状況はこちら

メカトロテックジャパン〈MECT〉ってどんな展示会?

工作機械とメカトロテックジャパン(MECT)について|メカトロテックジャパン〈MECT〉ってどんな展示会?
MECT2017展ギャラリー@公式プレスより

メカトロテックジャパンは、2年に1度、名古屋のポートメッセなごやで開催される工作機械見本市です。

1987年以来、JIMTOF(日本国際工作機械見本市)が開かれない奇数年に開催され、国内外から約10万人ものエンジニアが訪れます。

2017年実績
来場者数 : 92305人
出展社数 : 457社
過去の実績は同時開催/併催展を含む場合もあります。
引用元: JETRO「MECT2019」

メカトロテックジャパンには、500社近くもの工作機械関連メーカーが出展。
NC工作機械」はもちろん、プレス機械ツーリング・切削工具・センサなど、金属加工のあらゆる最新技術が日本中から集まります。

MECT概要

名称 メカトロテックジャパン
略称 MECT
会期 奇数年(2年に1回)の10月~11月ごろ
会場 ポートメッセなごや(愛知県名古屋市)
主催者 株式会社ニュースダイジェスト社
入場料 当日1,000円(事前登録をすると無料です)
公式サイト https://mect-japan.com

ものづくりのおひざもと、メカトロテックジャパン〈MECT〉の特色

工作機械とメカトロテックジャパン(MECT)について|ものづくりのおひざもと、メカトロテックジャパン〈MECT〉の特色
MECT2017展ギャラリー@公式プレスより

メカトロテックジャパンは、自動車や工作機械などものづくりの盛んな愛知・静岡を中心に、関西からも多数のエンジニアが来場します。

そのため週末の夜には「ナイター開催」が開催され、仕事帰りに来場するエンジニアもたくさん。中京のものづくりを牽引する、重要な産業展示会になっています。

またMECTは国内の産業展示会ではめずらしく、土曜日の開催もあります。
そのため週末には子ども連れや学生も多く、ホンモノのF1カーや巨大工作機械など、メカ好きの子どもも楽しめる展示が満載です。

メカトロテックジャパンがない年に開催される「JIMTOF」とは?

メカトロテックジャパンが開催されない偶数年には、「JIMTOF」(日本国際工作機械見本市)が開催されます。

JIMTOFは、日本最大の工作機械展示会で、世界四大工作機械見本市のひとつ。
偶数年の冬に、東京ビックサイトで開催されます。
(主催:社団法人日本工作機械工業会/株式会社東京ビッグサイト)

メカトロテックジャパンとJIMTOFによって、毎年、工作機械の最新技術に触れることができます。

メカトロテックジャパンの入場方法は?無料招待券の入手方法

工作機械とメカトロテックジャパン(MECT)について|メカトロテックジャパンの入場方法は?無料招待券の入手方法
MECT2017展ギャラリー@公式プレスより

メカトロテックジャパンの入場には、入場券(1,000円)が必要ですが、公式Webサイトから事前登録をすることで、無料招待券を手に入れることができます。
当日、窓口にならぶ必要もないので、事前の登録がオススメです。
https://mect-japan.com

また無料招待券は、出展メーカーのPRや、日頃付き合いのある工具商社などでも手に入れることができます。

メカトロテックジャパンとは?まとめ

この記事では、メカトロテックジャパンの開催スケジュールや、無料招待券の入手方法について紹介しました。

ポートメッセなごやはすこし古い会場ですが、工作機械メーカーのおひざもとでもあり、各社とも展示には気合が入っています。
また会場のすぐ横には、すこし前に話題になった「レゴランド」があり、子ども連れでの来場も楽しめます。

金属加工エンジニアにはたまらない4日間!ぜひ、日にちに余裕をもって足を運んでみてはいかがでしょうか。

展示会の日程について
新型コロナウイルス感染防止および東京オリンピック延期に伴い、開催日・会場の変更や規模の縮小など、大幅な変更が予想されます。
必ず公式HPにて最新情報をご確認のうえお出かけください。
工作機械展示会の開催状況はこちら

この記事(メカトロテックジャパン(MECT))の編集者

甲 斐 智(KAI Satoshi)

甲 斐 智(KAI Satoshi)

1979年 神戸生まれ
多摩美術大学修了後、工作機械周辺機器メーカーの販売促進部門
14年以上に渡り、工作機械業界・FA業界のWebマーケティングに携わる

・株式会社モノト 代表
・株式会社アプト Webディレクター
・一般社団法人 日本機械学会 特別員

メカトロテックジャパン(MECT)とあわせて読みたい

メカトロテックジャパン(MECT)の関連キーワード

日本の展示会