HOME > 工作機械の改善事例 > 機内計測センサの後付けで、使い慣れた工作機械の生産性が向上
機内計測センサの後付けで、使い慣れた工作機械の生産性が向上

機内計測センサの後付けで、使い慣れた工作機械の生産性が向上

更新日:
2024/06/01 (公開日: 2024/06/01 ) 著者: 甲斐 智
関連タグ:
改善事例
     

改善前機械加工における計測作業のお悩み

多品種少量生産や一品モノの機械加工では、まだまだ手作業による工具測定や品質検査が多く行われています。しかし、現場では人手不足が深刻化しており、計測作業の自動化が求められていました。
最新の工作機械の導入は相当な費用がかかるため、現場では今ある使い慣れた工作機械を活用し、いかに生産性を上げるかが課題となっていました。

〈改善前のお悩み〉

  • 計測作業を自動化したい
  • 使い慣れた工作機械をアップデートしたい

改善後機内計測センサの後付けで生産性が向上

機内計測センサの後付けについて|機内計測センサの後付けで生産性が向上
タッチプローブ搭載事例(CNC自動旋盤 シチズンCincom)

手作業による計測は、作業者によってばらつきが発生することもあり、熟練工が減少するなか自動化が急務となっています。
一般的に、タッチプローブやツールセッタなどの機内計測センサは、後付けで導入する場合、本体価格や設置費用が高額で、導入の障となっていました。そこで活用されているのが、メトロールのセンサ後付けサービスです。
メトロールでは、低コストで後付け可能な「タッチプローブ〈RC-K3X〉」を開発。工具監視に実績のある「ツールセッタ」とあわせて、従来の約半分程度の価格帯で導入することができます。機内計測センサの導入で、工具測定・品質検査の生産性向上を実現します。

クリックで拡大表示されます

〈改善後の効果〉

  • 計測作業の自動化が実現
  • 今ある工作機械に低コストで導入できる
機内計測センサの後付けについて|ケーブル断線リスクの高い場所におすすめ
測定・検査の自動化は必須に
働き方改革も相まって、小規模の工場でもこれまで人手で行なっていた測定や検査の自動化が必須になってきています。
工作機械の年式や仕様にもよりますが、ファナック、ブラザーなどの小型工作機械への搭載実績も多数あり。タッチプローブの導入がはじめての方も、安心してご依頼いただけます。

機内計測の提案製品

製品情報
機内計測センサの後付けについて|機内計測センサの後付けサービス
センサ
株式会社メトロール
機内計測センサの後付けサービス
※製品情報について 製品の最新情報については、必ず各メーカーの公式サイトよりご確認ください
掲載をご希望の企業様はこちらからご連絡ください

〈機内計測センサの後付けの関連キーワード〉

センサ人手不足加工工程株式会社メトロール検査工程生産性向上精度向上自動化計測・測定

この記事の編集者・プロフィール

甲斐 智(KAI Satoshi)
甲斐 智(KAI Satoshi)

1979年 神戸生まれ
多摩美術大学修了後、工作機械周辺機器メーカーの販売促進部門
15年以上に渡り、工作機械業界・FA業界のWebマーケティングに携わる
メーカーでは各種技術専門誌へ寄稿
文部科学省「学校と地域でつくる学びの未来」参加企業

2020年に「はじめの工作機械」を立ち上げ(はじめの工作機械とは

所属
掲載・登録
SNS・運営サイト

機内計測センサの後付け の関連記事