製造業 SEO対策のいろは > SEOお役立ちコラム > SEOに影響を与えるユーザー行動とは|直帰率・滞在時間の改善ヒント
SEOに影響を与えるユーザー行動とは|直帰率・滞在時間の改善ヒント

SEOに影響を与えるユーザー行動とは|直帰率・滞在時間の改善ヒント

更新日:
2021/04/26 (2021/01/27 公開) 編集者:甲斐 智
関連キーワード:
コンテンツ対策 | サイト構造 | ユーザー行動 | リンク |
       

SEO対策優先度

近年のSEOでは、ユーザーの「直帰率」「滞在時間」などの行動が検索上位表示を左右していると言われています。

ユーザー行動の最適化は一般的なSEO対策とは違い、役立ってるか?使いやすいか?など、主観的で解りにくいことばかり…
「またアクセス(再訪問)したいと思えるか?」 と、ユーザー視点でサイトを改修していくことがポイントです。

この記事では「SEOに影響を与えるユーザー行動」について解説します。

コメント
直帰率・滞在時間 を改善して、検索上位表示につなげよう!

SEOに影響を与えるユーザー行動とは?

「直帰率」が下がり「滞在時間」が延びるということは、ページがユーザーにとって役に立っている証拠。
サイトの使いやすさ(見づらい・遅いなど)も、直帰率・滞在時間に影響しています。

しかし、直帰率・滞在時間がSEOに直接影響を及ぼしているわけではないようです。
これらの数値を改善していくことがユーザーのためのコンテンツづくりにつながり、しいてはSEO対策となるのです。

コメント
直帰率・滞在時間を指標のひとつとして、SEO対策に取り組んでいきましょう。

指標となる数値は、Googleアナリティクスを導入することで「見える化」することができます。
(当社でも設定の代行が可能ですので、お気軽にご相談ください)

[用語]

直帰率 ユーザーがサイト訪問後、すぐにページを閉じてしまう割合
滞在時間 ユーザーのサイト内での滞在・閲覧時間

直帰率・滞在時間を改善するヒント

SEOに影響を与えるユーザー行動|直帰率・滞在時間を改善するヒント

「直帰率」を減らし、かつ「滞在時間」を延ばすためのヒントをご紹介します。

1.検索ニーズを満たす

コンテンツSEOに取り組み、 ユーザーの検索ニーズを満たしたコンテンツをつくることで、直帰率を下げることができます。

実験データなどを記載しているページであれば、ページ冒頭にその結果や結果へのリンクを貼りましょう。
ユーザーの即離脱が減り、直帰率を下げることができます。

コメント
ユーザーがすぐに検索画面に戻ってしまわないよう、ページを開いたときに「探している答えが載っている!」と思ってもらうことが大切です。
あわせて読みたい

2.サイト内の回遊率を上げる

ページ内の各所に 内部リンクを張り巡らすことで、滞在時間を延ばすことができます。
コンテンツ内に「関連製品」「関連事例」などのリンクを設置して、ユーザーの興味を引いていきましょう。

回遊率の高いサイトは、ひとりあたりのページ閲覧数(セッション)も増え、検索上位表示されやすい傾向にあります。

あわせて読みたい

3.サイトを使いやすくする

ユーザビリティ

サイトの「見やすさ」「使いやすさ」が、サイトの直帰率・滞在時間に大きく影響します。

コメント
文字の読みづらいサイトやボタンの押しにくいサイトは敬遠され、すぐに離脱されてしまいます。

ただ製造業のホームページでは、必要以上にユーザビリティにこだわる必要はありません。

ユーザーを第一に考え 「技術情報が見やすい」「製品が探しやすい」サイトづくりを心がけることで、直帰率・滞在時間は自然と改善していきます。

〈サイトのユーザビリティチェック〉

□ テキスト(文字のサイズ・配色など)は適切か
□ クリック要素(ボタンのサイズ・配置など)は適切か
□ サイトの横幅は適切か
□ リンク切れはないか
□ 利用できないプログラム(Flashなど)を使ってないか

※スマホ版サイトのユーザビリティについては、Googleサーチコンソールを導入することで診断することができます。
(当社でも設定が可能ですので、お気軽にご相談ください)

スマホ(レスポンシブ)対応

製造業でのスマホ閲覧率は約20%(当社調べ)とまだまだ低いですが、 サイトのスマホ対応は必須 となっています。

コメント
スマホで検索するユーザーは、そもそも顧客にはならないよ

そんな声も多く聞かれます…

しかし2020年以降、Googleでは「モバイルファーストインデックス」という仕組みが導入されており、 スマホ対応の有無が検索上位に影響していると言われています。

最低限のスマホ対応でも構わないので、必ず対応するようにしましょう。

ページの表示速度

ページの表示速度は、サイトの直帰率に大きく影響します。

コメント
読み込み時間がかかるほどユーザーの離脱が増え、せっかくのコンテンツも見てもらえず機会損失となってしまいます。

ただ速度を求めるあまり、コンテンツを削ってしまっては本末転倒。

表示速度はコンテンツを充実させるほど遅くなる傾向があるので、「画像の圧縮」「読込み遅延」など、さまざまな工夫が必要になります。

コメント
ページスピードの調査には「Page Speed Insight」とよばれるGoogleのWebツールが便利。
製造業では「遅くない」速度であれば充分なことが多いです。
数値にとらわれないよう、参考程度に利用していきましょう。
AMP対応って必要?
サイトの速度改善には、AMP(Google高速表示用ページ)が使われる場合もあります。
この手法はニュースサイトなどで多く使われていますが、他の施策にくらべ優先度は低く、製造業では対応不要かと思います。

SNSでサイテーションを増やそう!

サイテーションには「引用」「言及」の意味があり、 SNSで話題にされる事で、検索上位表示に貢献すると言われています。
(Twitter・Instagram・Facebookなど)

コメント
製造業であっても、SNSへの取り組みが必須になっています!

実際にどのような仕組みでSEO対策につながるかは明確ではありませんが、SNSのシェア数やSNSからの流入数が検索エンジンに評価されているようです。

販売促進のためのSEO、SNS活用
新型コロナウイルスの影響等により、従来通りの対面営業が出来ず、多くの企業が売上減少という課題に直面しています。
そんな中、SEO対策をし、SNSを有効に活用することで費用をかけず、着実に売上を増加させている企業も存在します。
引用元:セミナー情報|中小機構

SNSで会社や製品を覚えてもらい、指名検索(会社名や製品名による直接検索)してもらうことで、「この会社・製品は有名だ!」とGoogleに認識される効果もあると思われます。

SEOに影響を与えるユーザー行動とは?まとめ

この記事では「SEOに影響を与えるユーザー行動」について解説しました。

ユーザー行動では一般的なSEO対策とは違い、役立ってる?使いやすい?など、主観的で測定がむずかしいことばかり…

「またアクセス(再訪問)したいと思えるか?」と自問しながら、ユーザー視点でサイトを改修していくことが行動改善のポイントです。

この記事が、製造業Web担当者さまの「SEO対策」にお役に立てばうれしいです。

この記事( SEOに影響を与えるユーザー行動 )の編集者

甲斐 智(KAI Satoshi)

甲斐 智(KAI Satoshi)

1979年 神戸生まれ
多摩美術大学修了後、工作機械周辺機器メーカーの販売促進部門
14年以上に渡り、中小製造業のSEO対策・Webマーケティングに携わる

株式会社モノト 代表
一般社団法人日本機械学会 特別員
東京商工会議所(東商 社長ネット)
日本商工会議所(ザ・ビジネスモール)

運営サイト:エンジニアのための「はじめの工作機械」
Twitter:@monoto_kai

製造業 SEO対策のご相談はこちら
SEOに影響を与えるユーザー行動とは|直帰率・滞在時間の改善ヒント

本ブログでは、中小製造業のWeb担当者の方へ向け、実践的なSEO情報を発信しています。

自社のSEO対策やコンテンツ制作でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

\今すぐ、お気軽に!/

製造業 SEO対策のご相談はこちら

SEOに影響を与えるユーザー行動 とあわせて読みたい


SEOに影響を与えるユーザー行動 の関連キーワード

コンテンツ対策 サイト構造 ユーザー行動 リンク