製造業 SEO対策のいろは > SEO実践テクニック > キーワードの使い方|製造業コンテンツでのキーワード利用のポイント
キーワードの使い方|製造業コンテンツでのキーワード利用のポイント

キーワードの使い方|製造業コンテンツでのキーワード利用のポイント

更新日:
2021/04/26 (2021/01/28 公開) 編集者:甲斐 智
関連キーワード:
Q&A | キーワード | コンテンツ対策 |
       

SEO対策優先度

SEO対策の基本は、検索上位を狙いたい「キーワード」をもとにしたコンテンツ制作です。
キーワードの使い方にルールや決まりごとはありませんが、いくつかのポイントがあります。

この記事では「SEOに効くキーワードの使い方」について解説します。

コメント
キーワードをコンテンツ内で効果的に使って、上位表示につなげよう!

製造業でのキーワードの選定

SEO対策の基本は、 「キーワード」をもとにしたコンテンツ制作 です。

個人ブログ向けのSEO解説サイトでは、キーワードボリュームによる「キーワードの選定方法」といった解説がよくあります。

しかしこれらは母数の多いキーワードを探して、そこから逆算してアクセス数を稼ぐアフィリエイトサイト (成功報酬広告サイト)で使われるテクニック。

製造業の場合キーワード自体がニッチなため、おなじ方法でキーワードを選定してしまうと、「アクセスが見込めないので、SEO対策は必要なし!」…なんて本末転倒なことになってしまうことも。

製造業では、検索上位を狙いたいキーワードに 「サジェストワード」(検索候補)や「オーガニックキーワード」(実際の検索ワード)を組み合わせて、コンテンツを増やしていくことが大切です。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
実際の検索ワードで、キーワードを深掘り

製造業コンテンツでのキーワードの使い方

キーワードの使い方|発製造業コンテンツでのキーワードの使い方

キーワードが決まったら、実際にコンテンツにキーワードを入れていきます。

コメント
コンテンツをつくっても、「キーワード」と「コンテンツ」に関連性がなければ検索順位はなかなか上がりません。

関連性を高めるためには、検索エンジンがページ内容を正確に理解できるように手助けしてあげる必要があります。

またキーワードは本文だけでなく、「タイトル・ディスクリプション」「見出し」にも効果的に挿入していく必要があります。

過度なSEO対策は禁物!
製造業におけるSEO対策は、あくまでも「製品」や「技術」を広く知ってもらうための手法のひとつです。
目先のSEO対策にとらわれず、「ユーザー(エンジニア)」のことを第一に考えてコンテンツをつくっていくことが、SEO対策の本質です。
あわせて読みたい
キーワードとコンテンツの関連性を高める
あわせて読みたい
キーワードとコンテンツの関連性を高める

キーワード対策〔Q&A〕

キーワードの使い方にはルールや決まりごとはありませんが、いくつかのポイントがあります。
よくいただくご質問をもとに、Q&A形式でご紹介します。

キーワードを入れる場所について

コメント
Q. キーワードを入れる場所に指定はありますか?
コメント
A. SEOの解説サイトなどでは「コンテンツの冒頭と文末に入れる」など、さまざまなテクニックが紹介されています。
しかし製造業ではキーワード自体がニッチなため、あまりこだわる必要はありません。

SEO対策ありきでなく、ユーザーが読みやすいようなコンテンツ構成を考えましょう。

キーワードの量について

コメント
Q. コンテンツに対して、どのくらいのキーワードを入れていけば良いですか?
コメント

A. SEOに効果的なキーワードの割合(出現率)は、全体の3~5%ほどと言われています。
たくさんキーワードを詰め込んでも効果はなく、むしろ不自然で逆効果ですので気をつけましょう。

出現率は、以下のようなWebサービスを使って調べることができます。
ファンキーレイティング

コンテンツの量について

コメント
Q. コンテンツの量(文字量)に目安はありますか?
コメント

A. コンテンツの量(文字量)は、 製品ページの場合は最低でも1,000文字以上、技術ブログの場合3,000文字以上が理想的かと思います。

ユーザーの検索ニーズを深掘りしながら+αの内容を盛り込み、キーワードを散りばめていきましょう。

ただ文字数にとらわれて、内容の薄いコンテンツになってしまっては逆効果です
文字数を増やす際は、しっかりとコンテンツ設計から考えていきましょう。

ライバルとなる競合コンテンツがある場合は、そのページよりもボリュームを増やしていくことをおすすめします。

キーワードの増やし方について

コメント

Q. 「キーワード」を意識しすぎるあまり、取ってつけたような不自然な内容になってしまいます…

自然とキーワードを増やせる方法はありますか?

コメント

A.「共起語」をあわせて使っていきましょう。

共起語とはキーワードと一緒に使われる「単語」や「語句」のことです。
共起語をあわせて使うことで、キーワードを自然に増やすことができます。

「エンドミル(切削工具)」の共起語 例
加工・工具・コーティング・CAD・2枚・4枚・切削・比較・研磨・刃先・硬度・寿命・HRC・CBN・規格・型番・耐摩耗性・ボールエンドミル …など

共起語の調査にはさまざまなツールがありますが、以下のサイトがおすすめです。
サクラサクラボSEOツール|共起語調査ツール(一部無料)

ページの増やし方について

コメント
Q. ページ本文ではなく、ページ自体を増やしていくのは効果的ですか?
コメント

A. おなじキーワードをもとにページを増やしていくと、ページ同士の評価が共食いしてしまい、ともに順位が落ちてしまうことがあります。

原則として「ひとつのキーワード = ひとつのページ」づくりを心がけましょう。

製造業の場合、決められた製品テンプレートをもとにページを増やしていくことが多いため、どうしても同じようなページが増えがちです。

その時は「カノニカル」「noindex」などのタグを使って、重複対策をする必要があります。

あわせて読みたい

SEOに効くキーワードの使い方とは?まとめ

この記事では「SEOに効くキーワードの使い方」について解説しました。

製造業のSEO対策は「ユーザー(エンジニア)」を第一に考えたコンテンツづくりが大前提です。
さまざまなテクニックを紹介しましたが、過度なSEO対策をしてしまわないよう注意が必要です。

この記事が、製造業Web担当者さまの「SEO対策」にお役に立てばうれしいです。

この記事( キーワードの使い方 )の編集者

甲斐 智(KAI Satoshi)

甲斐 智(KAI Satoshi)

1979年 神戸生まれ
多摩美術大学修了後、工作機械周辺機器メーカーの販売促進部門
14年以上に渡り、中小製造業のSEO対策・Webマーケティングに携わる

株式会社モノト 代表
一般社団法人日本機械学会 特別員
東京商工会議所(東商 社長ネット)
日本商工会議所(ザ・ビジネスモール)

運営サイト:エンジニアのための「はじめの工作機械」
Twitter:@monoto_kai

製造業 SEO対策のご相談はこちら
キーワードの使い方|製造業コンテンツでのキーワード利用のポイント

本ブログでは、中小製造業のWeb担当者の方へ向け、実践的なSEO情報を発信しています。

自社のSEO対策やコンテンツ制作でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

\今すぐ、お気軽に!/

製造業 SEO対策のご相談はこちら

キーワードの使い方 とあわせて読みたい


キーワードの使い方 の関連キーワード

Q&A キーワード コンテンツ対策