製造業 SEO対策のいろは > SEOお役立ちコラム > 今後のSEOを左右するE-A-T|製造業サイトでE-A-Tを高めるポイント
今後のSEOを左右するE-A-T|製造業サイトでE-A-Tを高めるポイント

今後のSEOを左右するE-A-T|製造業サイトでE-A-Tを高めるポイント

更新日:
2021/04/26 (2021/01/28 公開) 編集者:甲斐 智
関連キーワード:
リンク | 構造化データ |
       

SEO対策優先度

E-A-Tとは「専門性」「権威」「信頼性」の頭文字から取った、Google検索の評価項目のひとつです。

E-A-Tでは 製造メーカーとして地道に実績を重ねることが、SEO対策の近道 となります。

この記事では「これからのSEOを左右するE-A-T」について解説します。

コメント
E-A-Tでは「専門性」「権威」「信頼性」を裏付けるコンテンツづくりが重要です!

E-A-Tを知る

E-A-T(イー・エー・ティー)とは「専門性」「権威」「信頼性」の頭文字から取った、Google検索の評価項目です。

よりユーザーの役に立つ情報を検索結果に表示させるのが目的で、今後E-A-Tの評価が検索上位表示を大きく左右していくと言われています。

〈E-A-Tの略〉

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威)
  • Trustworthiness(信頼性)

近年企業から個人までさまざまなホームページやブログが増えてきたことから、情報の信頼性を確保するため 「誰がコンテンツをつくったのか?」 が重視されるようになっています。

そのため個人ブログなどは、専門的な内容であってもなかなか信頼性が確保できず、上位表示されにくくなっているのです。

コメント
特に医療や健康分野ではその傾向が顕著ですが、製造業にも大きな影響を与えると予想されます。

製造業は「企業」としてコンテンツをつくることができるためE-A-Tでは有利ですが、自社の専門性や信頼性をGoogleに確実に伝えることが重要になっています。

E-A-Tを高めるポイント

E-A-Tを高める「確実な方法」は… ありません

Googleではさまざまな情報を多角的に収集し、E-A-Tの評価付けをしていると言われています。

E-A-Tの3つが評価軸
ユーザーが助かるレベルのWebサイトには、GoogleはE-A-Tが備わっていると定めている。E-A-TとはExpertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、TrustWorthness(信頼性)である。
なお、この「専門性」は学問の世界で求められるような知識だけでなく、個人の経験で得たこを含んでいる。つまり個人的な経験がユーザーにとって役に立つのであれば、そのコンテンツには専門性があると言える。
引用元:Webサイトのコンテンツを重視したSEOの分析

以下のような「専門性」「権威」「信頼性」を裏付けるような内容をサイトに掲載していくことで、E-A-Tが高められると言われています。

〈製造業ホームページでE-A-Tを高めるポイント〉

  • 会社概要ページや運営者ページを充実させる
  • 所属団体や取引先を掲載し、相互リンクをお願いする
  • 自社サイトと自社サービスサイトを相互リンクする
  • 認証や認定(ISOや補助事業など)を掲載する
  • 賞歴やメディア記事(新聞・専門誌など)を掲載する
  • 技術解説のページには、執筆者のプロフィールや資格を掲載する
  • SNSを運営しリンクを貼る

これらの情報は単にサイト上に掲載するだけでも良いですが、より確実に検索エンジンに認識してもらうには、構造化データ(スキーマ:schema)を使ってマーキングしていきます。

コメント
過度な相互リンクはNGですが、関連性の高い相互リンクは積極的に貼っていくようにしましょう。
会社概要は見られている!
普段取引先の確認で見られることが多い「会社概要ページ」ですが、実はGoogleにもしっかりと見られています。
Googleが会社概要ページを確実に把握できるように、URLは「/about」や「/aboutus」などの認識しやすいアドレスにし、内容を充実させていきましょいう。

E-A-Tをより正確に伝える「構造化データ」とは?

構造化データは、サイト上のコンテンツの「意味」を検索エンジンに伝えるための仕組みです。

日々進化する検索エンジンですが、それでも「○○センサ」などの単語を「製品名」として認識することはできません。
その単語が「何を意味しているか?」を、直接検索エンジンに伝えることができるのが、構造化データです。

構造化データは、スキーマ (schema) とよばれるマークアップ言語を使うことで施策します。

〈構造化データの例:会社情報の場合〉

<script type="application/ld+json">
 {
  〜省略〜
  "@context": "https://schema.org",
  "@type": "Organization",
  "name": "□□□", //会社名
  "founder": "□□□", //設立者
  "foundingDate": "xxxx-xx-xx", //設立日
  "url": "https://www.□□□.co.jp/", //会社URL
  〜省略〜
 }
</script>

コメント
スキーマの設定にはHTMLの専門知識が必要になります。
少し難易度が高いので、日頃使っているWeb会社にも「構造化データを使いたい」と相談してみましょう。
◎当社での設定代行も可能です、詳しくはお問い合わせください

これからのSEOを左右するE-A-Tとは?まとめ

この記事では「これからのSEOを左右するE-A-T」について解説しました。

E-A-Tには小手先のテクニックはなく、製造メーカーとして地道に実績を重ねることが、E-A-T対策の近道となります。
一見SEOには関係がなさそうな「認定」や「賞歴」でも、積極的にホームページ上に掲載していくことが重要です。

この記事が、製造業Web担当者さまの「SEO対策」にお役に立てばうれしいです。

この記事( SEOを左右するE-A-T )の編集者

甲斐 智(KAI Satoshi)

甲斐 智(KAI Satoshi)

1979年 神戸生まれ
多摩美術大学修了後、工作機械周辺機器メーカーの販売促進部門
14年以上に渡り、中小製造業のSEO対策・Webマーケティングに携わる

株式会社モノト 代表
一般社団法人日本機械学会 特別員
東京商工会議所(東商 社長ネット)
日本商工会議所(ザ・ビジネスモール)

運営サイト:エンジニアのための「はじめの工作機械」
Twitter:@monoto_kai

製造業 SEO対策のご相談はこちら
今後のSEOを左右するE-A-T|製造業サイトでE-A-Tを高めるポイント

本ブログでは、中小製造業のWeb担当者の方へ向け、実践的なSEO情報を発信しています。

自社のSEO対策やコンテンツ制作でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

\今すぐ、お気軽に!/

製造業 SEO対策のご相談はこちら

SEOを左右するE-A-T とあわせて読みたい


SEOを左右するE-A-T の関連キーワード

リンク 構造化データ