HOME > 工作機械の改善事例 > コンパクトなグラインダーでフライス後のバリ取りを効率化
コンパクトなグラインダーでフライス後のバリ取りを効率化

コンパクトなグラインダーでフライス後のバリ取りを効率化

更新日:
2023/11/24 (公開日: 2022/08/20 ) 著者: 甲斐 智
関連タグ:
改善事例
     

改善前フライス加工における後工程のバリ取りのお悩み

従来、少量生産や一品物のフライス加工におけるバリ取りは、仕掛品として金属トレイに移された後、後工程で行われます。しかし後工程でのバリ取りは、ワーク出し入れの工程が多くなるため効率が悪く、生産効率が落ちてしまうというお悩みがありました。

〈改善前のお悩み〉

  • フライス加工後のバリ取りを効率よく行いたい

改善後エアーマイクログラインダーで、フライス加工後のバリ取りを効率化

一般的にフライス加工で発生する切削バリは根元が薄いため、砥石を押し当てることでかんたんにバリ取りが行なえます。そこで採用されているのが、ベッセルの「エアーマイクログラインダー」です。
エアーマイクログラインダーは、ミニ砥石を装着した軽量・コンパクトな手持ちグラインダー。フライス盤の横に設置しフライス加工後すぐにバリ取りを行なうことで、作業効率が向上します。

クリックで拡大表示されます

〈改善後の効果〉

  • フライス加工後の効率的なバリ取りが実現
バリ取りの効率化について|多品種少量生産の現場におすすめ
多品種少量生産の現場におすすめ
NCやロボットによるバリ取りの自動化も進んでいますが、生産数によっては「その場ですぐに仕上げたい」という声も多くあります。エアーマイクログラインダーは、そんな多品種少量生産の現場におすすめです。(編集部)

効率的なバリ取りの提案製品

製品情報
バリ取りの効率化について|エアーマイクログラインダー〈GT-MG25-12CF〉
工具
株式会社ベッセル
エアーマイクログラインダー〈GT-MG25-12CF〉
※製品情報について 製品の最新情報については、必ず各メーカーの公式サイトよりご確認ください
掲載をご希望の企業様はこちらからご連絡ください

〈バリ取りの効率化の関連キーワード〉

加工工程工具株式会社ベッセル生産性向上

この記事の編集者・プロフィール

甲斐 智(KAI Satoshi)
甲斐 智(KAI Satoshi)

1979年 神戸生まれ
多摩美術大学修了後、工作機械周辺機器メーカーの販売促進部門
15年以上に渡り、工作機械業界・FA業界のWebマーケティングに携わる
メーカーでは各種技術専門誌へ寄稿
文部科学省「学校と地域でつくる学びの未来」参加企業

2020年に「はじめの工作機械」を立ち上げ(はじめの工作機械とは

所属
掲載・登録
SNS・運営サイト

バリ取りの効率化 の関連記事