はじめの工作機械 > WEBカタログ展示 > 製品:テクノコート株式会社 > 放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉
放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉

放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉

公開日:
2020/10/21 (2020/10/26 更新)by はじめの工作機械 編集部
関連キーワード:
| 周辺機器 |
       

機械部品・金型の予防保全&肉盛補修のベストソリューション!

EDM(放電加工)の原理を応用。
アーク放電により電極材をワーク表面に移行・堆積させる、まったく新しいコーティング・肉盛装置です。

\かんたん登録でOK!/

今すぐ!無料カタログダウンロード
放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉

強度密着のメカニズム

放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉強度密着のメカニズム

本体のコンデンサーに充電された直流電気を、10-3〜10-1秒の周期で10-6〜10-5秒の極短時間放電します。

これにより、電極材がワークとの接触部で8,000~25,000℃に加熱され、加熱された電極材はプラズマ化しワーク表面に冶金的に転移。 転移した電極材は合金化し、ワーク表面に堆積。
さらにワーク表面下に拡散・浸透して高強度密着を実現します。

肉盛材がワーク表面に合金化・拡散するため密着力が強く、剥離を起こしません。

工作機械・金属加工のアプリケーション

金型の予防保全および不良率低減
放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉アルミダイカスト・鋳造金型の予防保全および不良率低減

金型の侵食や溶損、ヒートクラックを予防。
製品の不良率を低減します。

プラスチック成形金型(大型)の肉盛補修
放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉プラスチック成形金型(大型)の肉盛補修

金型を成型機から降ろさず、必要な箇所だけ肉盛補修が可能です。

機械部品・設備などを現場で肉盛補修
放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉機械部品・設備などを現場で肉盛補修

大型ワークも分解せずに、必要な箇所だけに局所的に処理ができます。

プレス加工時のカス上がりを防止
放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉プレス加工時のカス上がりを防止

プレス加工のダイ・パンチのコーティング処理で、耐摩耗性・耐焼付性が向上します。

アルミダイカスト・鋳造製品の肉盛補修
放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉アルミダイカスト・鋳造製品の肉盛補修

アルミダイカスト・鋳造製品に発生した巣・ピンホール・欠肉などを、歪み・ヒケなど無く簡単に肉盛補修が可能です。

ゴムタイヤ成形金型(アルミ合金)の肉盛補修
放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉ゴムタイヤ成形金型(アルミ合金)の肉盛補修

技術的に難しいアルミの肉盛も、金型凸部を溶融することなく容易に肉盛溶接できます。

デポシリーズのラインアップ

  • 放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉スタンダードタイプ〈スパークデポ〉

    スタンダードタイプ
    〈スパークデポ〉

    これ1台で、誰でも簡単に高品質なコーティング&肉盛が可能
  • 放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉小型・軽量タイプ〈マイクロデポ〉

    小型・軽量タイプ
    〈マイクロデポ〉

    スパークデポをベースに小型・軽量化した、ポータブルな廉価モデル
  • 放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉ハイスピードモデル〈デジタルスパークデポ〉

    ハイスピードモデル
    〈デジタルスパークデポ〉

    従来比2倍以上のハイスピード処理を実現した次世代モデル
  • 放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉超音波タイプ〈ウルトラソニックデポ〉

    超音波タイプ
    〈ウルトラソニックデポ〉

    より細かい面粗度(Ra1.2)を実現した超音波コーティング装置
放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉
放電被覆・肉盛装置〈デポシリーズ〉今すぐ!無料カタログダウンロード

機械部品・金型の予防保全&肉盛補修のベストソリューション!

EDM(放電加工)の原理を応用。
アーク放電により電極材をワーク表面に移行・堆積させる、まったく新しいコーティング・肉盛装置です。

\かんたん登録でOK!/

今すぐ!無料カタログダウンロード

放電被覆・肉盛装置の関連記事

テクノコート株式会社について

会社名 テクノコート株式会社
所在地 〒426-0001 静岡県藤枝市仮宿1458-3
設立 1990年5月10日
事業内容 機械部品・金型等の予防保全用コーティング機材、および補修用肉盛機材の製造販売ならびに施工の受託
公式サイト https://www.technocoat.co.jp/ 
管理No.hk002n03
検索キーワード 【リモートデモ対応】 【コスト削減】 【不良品削減】 【肉盛・溶接】 【コーティング
Rate.5/Agg.5(1)